□□□ Voices in a Vacuum □□□



2004年 08月 13日 ( 1 )


グッゲンハイム美術展

昨日行ってきました。
グッゲンハイム。
ニューヨークにあるヨーロッパ&アメリカ現代美術をコレクトしてる美術館で、
日本で開催するのは3回目らしい。

監視員(?)のお姉さんが毛布を体に巻きまくっていてもはや制服を着ている意味もなくなっている、涼しい展示室だった。
テーマソングは浜崎あゆみ。ま、いっか。

ヴァシリー・カディンスキーという人のインスピレーション的ラインが良かった。
個人的に、中原中也の「サーカス:ゆあーんゆよーんゆやゆよん(だっけ?)」のイメージ。
ピート・モンドリアンという人の「夏、ゼーラントの砂丘」というのも明るい中にどこかメランコリックな色彩を感じて、良かった。
ダリにむちゃくちゃインスパイアされてるイヴ・タンギーという人も、彼は彼なりに良かった。
ダリより清潔感があって、軽さがあって、未来的。
クレーもやっぱりいいと思った。記号にあふれたイメージがくすぐったい。

個人的には高校の友達と久しぶりに会えてなかなか楽しい日だった。
わりと温室的な高校だったので、大学デビューがどうのこうのってみんな言ってるみたい。
大学はいった途端変わりまくる、ってのもちょっと恥ずかしい気もするけど。

ほんとはファッキンじゃなくてせめてフレッシュネスのレベルでランチをしたかったかも。
やっぱ、値段につく付加価値ってエクスペリエンスとして受け入れたい。認めるよ。
(エクスペリエンス→環境情報学部過去問参照。簡単に言うと雰囲気で値段を上げること。)
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-13 09:17


□忘却予防□
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31