人気ブログランキング |

□□□ Voices in a Vacuum □□□



表現すること・創造すること

昨日、サークルの某ワークショップで演劇を体験してきた。
トレンディドラマの脚本で、まあ、オレンジで伊豆(・・・)とかいうドラマがあるようで、
それをやったのですが・・・

何かにぶち当たった感があった。

なにせ、トレンディドラマだから当然男女の恋愛というものがあるわけで、
わたくしは勿論女の子役をやりました。
・・・・だって、女の子だもん。
と、いう論理で演劇ってやるんだね。
演劇ながら、現実の厳しさにびびった夜でした。
自分のキャラ的にその役をアレンジする感じらしいが、女は女の役をやるのだ。
当たり前のことではある。
が、自分のように半端でまだぼんやりとした状態で生きてるものにしてみれば、
演劇というフィルターを通して現実を突きつけられたようなものだった。
現実だとそういうの、ごまかしてくのは大学ではまだ出来る。少なくとも幻想は見させてくれるのだが。。。
そろそろ自分でも決着つけないとなぁ。
あああ、なんで、この世界にはオスとメスが存在するんでしょうか。
自分は成長を拒否ってるだけ、って説もありまする。

先日LOVEについてほんの少しふれたらリアルワールドでYりんどーちゃんにトラックバックされてびびったー。
別に、実際に恋愛モードに入るって意味じゃなく、そういう打開策もあるなって話です。
他にまだ打開策は残ってるしね。(謎

持論である創作について書こうと思ったらもう子供は寝なくてはならぬ時間なのでもう寝ることにした。
by girty_haraguchi | 2004-06-17 01:59
<< 勉強しよう。 個人の存在 >>