□□□ Voices in a Vacuum □□□



<   2004年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


ピジョン

a0027184_22551589.jpg

パスポートゲッティング、のリトライのため、日本大通り駅にまた行ってきました。
(写真見れば分かりますが、結構前の話。)

バイトが午前と午後に全然違う場所であって、その合間にぎりぎりなかんじでヨコハマまで来て、こんどは無事申請許可されました。
はい、注意事項は何度もきちんと見直さなければ人生の時間を無駄遣いするばかり、とつくづく思いました。以後、気をつけます。。。(この台詞を私は何度いうのだろう・・・)

でも、案外この日は無駄ではなかったのかもしれなかったのだった。
パスポートセンター(山下講演の近く)から関内駅に行く途中にスタジアムがあるんですが、
ていうか、そのスタジアム脇を通過しろと矢印に言われるんですが、
その指示に従っていたら、鳩が座っているのが見えた。
そこは、子供とかカップルやら鳩やらホームレスの方やらが戯れたりなんだりしてるんですが、その世界の一環として鳩が一匹のんびりとひなたぼっこですわってるのかな、と思ったのだが、それは彼にはやむない事情があった様なのだった。
近づいてみると、彼は、(上から見るとよく見えるのだが)かなりの傷を負っていて、血で赤くなった白い羽と羽の間から肉が見えるような状態なのだった。
頑張って、少し立って歩いてみるものの、すぐに座り込んでしまう。
私は、此の鳩はどこかに移動してあげたほうが良いんじゃないかと思って近づいてみたのだが、まだ手も触れてないうちからばたばたと暴れるので、これでは体力消耗極まりなく、
逆効果なので、仕方がない、せめて食べるものをあげようと思った。
他の鳩が誰かのあげる餌に群れるのに対し、この鳩は動けないので餌をえる術がない。
私は、向かいにあったサンクスに行って小倉とマーガリンをはさんだ有名なコッペパンを野菜+果物ジュースを購入、結局この日の昼ごはんはこの鳩と一緒に食べました。
マーガリンと小倉がついてないところを彼にあげたら、ちゃんと食べたので、他の鳩にそれを食べられないことを願いつつ、塊で置いてきました。


・・・その日の午後のバイトは本厚木だったのですが、なんか、厚木にパスポートセンターってあるらしいですね。バイトのT先輩に「え、ていうか、厚木にあるじゃん」といわれました。。。
・・・知らなかったってば。

でも、まあ、鳩があのサンクスのパンをおいしいと思ってくれれば、
人生の無駄ではなかったかな、と思いました。


と、いうことで、
自分はなにかと鳥には縁があるようなので、酉年、何がおこるかなって感じです。

今年の目標は、
①何事に関しても、注意深く振舞うこと。
②分からないことは調べたり人に聞いたりしてなるべく知識を増やすこと。
③人の気持をちゃんと慮り、思いやりの有る行動をすること。
です。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。m(_ _)m
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-31 22:55

CP

某W塾で、ChairPersonという怪しげな仕事をやらせてもらってます。

今月はほぼ今日明日明後日の3日しか働かないという、
かなり甘ったれた事態構成をしておりますが、その分やたらと今回ハードワークで、
もう、やんなっちゃう。。。とか言ってみる。。。

添削を8人分やらなきゃなんですけど・・・(死
プリンタがインク切れで、ダイオーはなぜかしまってるし、だから、手書き。
たまには自分で漢字書かないと忘れちゃうから、まあいいんだけど。

気分転換に、ネットにつながってみました。

下にあるフォトグラフに後で文字をつけたい、と思いつつ、アナログな世界にバックしたいと思います。。。

あ、なんか、デジタルでも信号自体はアナログなんだって。
Mr.タケフジがおっしゃってましたが、私はよく意味を理解しておりません。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-26 23:33

悪の芽生えpart2

a0027184_2033760.jpg




きもい。

きれい。

きもい。

きれい。

かわいい。

きもい。

きもい。

悪!  悪!  悪!  アクアクアクアクアクアクアク!!!!!



                                     悪の、芽生え、再び。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-26 20:03

偽シューケーキ

a0027184_13292736.jpg

ほんとは、4段にしようあるいは8段にしようか、という状態だったのだけど、
やっと「もしかして多すぎない?」ということに気づいたらしく、
普通に二段にしました。

・・・苺が高くて買えなかったんです。
ということで、シュークリームをトッピング。まるごと。
あー、ファミマとかにある小さいやつやったら可愛かったのかも。。。
とにかく、仕方がないので、バナナをカッティングして苺にし、さらにチョコスポンジケーキに
ホイップクリームを乗せたかんじで。


普通においしかったですよv
あ、あとホイップクリームに洋酒(何?ブランデーじゃなくって、なんでしたっけ)
を仕込んでたんだった。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-25 13:29

展望台から。

a0027184_13271057.jpg


この時は未だ、カップルが一組だけ。

邪魔にならないように、
騒ぎながら、足音を存在をアピりながら降りました・・・。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-25 13:27

湘南平

a0027184_1325856.jpg


本日は、まず、パスポートの申請をする予定だったんです。
で、それには照明写真が必要で、その身支度をしたり、母親にいろいろ語ってたりしたらなんだか時間が過ぎていった。

まず渋谷に戸籍謄本を取りに行ったのだけど、その時、真性偶然にクラスの友達Mちゃんに会ったのでした。
ハチ公方向に向かったら、あ、みたいな。
みんなもちょっと来る、みたいだったので、ちょっと待ちつつ、(てか前日オールもいたり。)
私は区役所にいってきました。
12.24だったので、婚姻届と出生届がすさまじいとの事でした。
なるほど。 大人の世界。
そして、横浜へ向かう。
なんかね、クリスマスだと、世界が違って見えるのは気のせいだろうか。
びかびか反射する窓ガラスがむやみに攻撃的に見えたり。
日本大通りという駅が宇宙に感じたり。
なんか悲しくなったり。

結果的には、パスポートは取れなかったの。
自分が未成年なこと忘れて保護者の署名もらい忘れたから。
というか、自分でかいてもいいんだけど、それを受付の人に指摘されちゃったからなぁ。。。。
あー。。。ばか。。。


と、言うわけで、再来しろという命を受け、湘南台へと回来したのでした。


で、湘南平にいったわけです。
湘南台+RA=?
え、南京錠を掛けるの?
という謎っぽさに惹かれて、行ってみたのです。
山だった。やはり謎区域であることには間違いなかった。
宇宙語のメッセージが書きなぐられていた・・・!
昼に又来ても面白いかもねw
細長いんだよね。山、というか斜面が。。。
帰るとき、反対車線がすごいことになってました。
30分後、あの展望台に何組のカップルが溜まるのでしょう。
考えただけでも気持悪いです。 ほんとに、早めにいっといてよかった。

あの、あったかいポタージュとかお汁粉とかの缶、中身を出すためになんとかならないのかなあ。ボトムに穴を仕掛けておくとか、反対側に小さく穴開けておくとか。。。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-25 13:25

コムサアイス

a0027184_13241494.jpg

[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-25 13:24

☆X’mas☆クラス

今日はまず、「猟奇的な彼女」をビデオで見ました。
チョン・ヒジョン、やっぱ可愛いです。
もう、あの韓国語で文句を言う黒髪美人はたまらないです。

次。学校でちょっと授業の練習をしに行きました。
バスが無かったので歩いていったら、学校の前にはやたらとからすがいたのでした。
猫も擦り寄ってきたのでした。
ラウンジではろっけん(元ロック研究会)がクリスマスライブらしきことをしてたのでした。
私はこの日もまつけんのサンバステップを踏んでいたのでした。

そして。今日は、渋谷でクリスマス会でした。
珍しく脱湘南台。
異常に仲の良い私のクラスは今日も集まりがよく。
今日も大変楽しい会でした☆
ワインがでかいボトルが来たのですが、うん、春にひどい目にあってるので、
慎重に数センチのみ飲む感じで。
テンションが上がるだけの、非常にいい酔い方が出来たと思う。
パスタはとくにカルボナーラがおいしかったし。
逆に、多分やっぱりワインのせいでしょう、悪酔いしてる友達がいましたが、
かつての春の自分を思い出して、かなり気の毒に思いました。
いやでも、彼がダウンしてもほっとくとか言うことなく、みんなで協力する姿がすばらしいです、クラス20。
二次会ではお茶漬けとかポテトとかたまにアルコールを飲む感じで。
異国の民の店員さんをちょっと困らせてました。

そして、帰宅。
門限11時までというのは、きついというか、妥当と言うか。
帰るのが結構めんどくさかったです。今日は。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-24 02:30

姫野カオルコ

「受難」(作・姫野カオルコ)

を読みました。泣きました。
非常に良い本なので、みなさん読んでください。
いや、嘘です。絶対個人差ああります。
全く共感できない人も沢山いるでしょう。

概略。
あるところに、30歳くらいの女の人が暮らしていた。現在は在宅プログラマー。
修道院出身、モデルの経験あり。
あまりにつつましい暮らしと質素で謙虚な思想を持っているため、フランチェス子と呼ばれている。(聖フランチェスコから)
彼女のつつましく規則的なある日、彼女の体に異変が起きる。
膣(小説の中ではおま○こという表現であります。)に人格を持つ人面そうが出来て、
それとコミュニケーションするようになる。
と、いっても、彼は一日中フランチェス子を「ダメ女」といって罵倒したおす。
フランチェス子は元モデルなくらいなのできれいな女の人だと言うことが想像できるが
にもかかわらず、恋愛(男)を全く寄せ付けない。むしろ、彼女に触っただけで萎えてしまう。
ある日、彼女の友達のカップルが・・・云々。

ギャグですね。ふざけてますね。
おま○こにジンメンソウ。。。。

しかし、案外、いやぁ、案外、深い。
私は以前、人間の魅力って、イコール性的魅力なのか??と思ったことがあって、
そのころ私はどっちかというと男の子だったので、自分の性別を確定できなかったら、
もう人間として魅力はないんじゃないか的なことを思ってました。
男としてのかっこよさ(別に外見だけじゃなく。)優しさとかもないし、かといって女としてのかわいさ(別に外見だけじゃなく)優しさとかも、ない。
なんにもないじゃないか。
残ったのは、なんだか得体の知れない肉の塊。

それでも、私は自分に価値を見出そうという無意識の努力をしてました。

なによりも、明晰なる理性(byデカルト)が最重要だという価値観を私は持つようになりました。外見とか、正確とか、金とか、人気とか、そういうものより上位にものごとをするどく洞察し、認識することを置きました。
つまり、若者が望むようなことの大半を最初から全てを諦めてしまっているのですね。これは。もてたいとかかっこよくなりたいとかかわいくなりたいとか友達を沢山作りたいとかいう望みを一切捨てた、ただ、受験期だったので受験校に受かるという野望だけは保ちつつ、という、それが原動力になっていた日々があった。

今はどうなのか。。。。
そもそも、自分が極度に自尊心高いからこういうことになっていたのだ。
自分が、女性同士のリング上で負けることがうすうす(いや、がんがんに)分かっていたから
最初の時点で諦めていたのである。多分。
今、やはり私は明晰な理性が大事なので、もっとよくなりたいという事は認めます。
よく、というのは、かっこいいとかわいいとか、そういうものです。
だけど、やはり、そう成りたいと思ったり微妙に努力してもそう簡単には行かない。
たしかに、男の子だった頃は、(本当はおんなのこであるというのが多分に働いて)
「カッコイイ」というお褒めの言葉を戴いたり、
一方ちかごろは、「かわいいね」というお言葉はいただくものの、
それは、一応言っておいたに過ぎないわけで。
結局は、ダメ女(→と、いう表現はやっぱNG。ダメ人間・・・?)なわけだ。
いや、ちがう。
それは自虐快楽が入っている! 
だめだ。
そんな自虐に甘えてはならぬ!!

そんなことを、思って、今日は、本の内容が、自分のことに派生していって、うちへ帰る道で、必死に星空を見上げながら帰りました。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-21 22:14

先日から

先日から、書いたものが消えてばかりいます。

微妙にうちミスをして消してしまうらしい。

其の後はやる気がなくなって、書くのをやめてしまっているのです。

1週間ほっといてあるのはそのためだと思っていてください。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-12-21 21:32


□忘却予防□
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31