□□□ Voices in a Vacuum □□□



<   2004年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


我不可以動......

このごろ、動けなくって、動けなくって、すごく困る。
私のこの性格を形作った要因ははいったい何だろう。
無駄に提案を繰り返すのはなぜだろう。
(無駄に、という言葉は、地味に、という言葉と共にこのごろなんだかネタ化されているように思う。)
思いついて、でも、観念的な考えが、漠然と湧いて、それに絡まって、結局動けなくなる。
このままでは自分の体が捩れていくばかりで、
私の体の外には何も生み出されない。

そういう時、自分から何も表出できないとき、他の人の何らかの作品に共鳴することは出来る。そういうとき、アートと呼ばれるものにはやはり意味があるかもしれない、という半ば逆説的な感情が起こる。
表現することはもちろんその表現者の感性や思想が核になっているのだけど、
その周縁の波紋に他者である自分を投入することは出来る。
それで自分の表現を代替できるとまでは言わないし、言いたくないけれども、
ただ、これがアートの重要な効用の一つだとは思う。

私は、前にもここに書いた気もするが、
映画や小説を鑑賞して泣いたことはほとんどない。
いや、あることはあるが、それはすべてその作品から自分のことに
連結させて、考えが無意識に自分側へ流出して、自分のために泣いた。
それも、一つの鑑賞方法かも知れない。
でも、欲を言えば、もうそろそろ純粋に作品に感動して泣けるくらい大人になりたい。

さきほども、他人の詩を読んでいて危うく泣きそうになったが、
やはりそれはその文章に直接感動したからではない。
もちろん、秀作な詩だと思うし、高く評価はするのだけど。
そのような文章を書くことについて、書ける事について、など、
さまざまなことが頭をよぎった。その詩にとってはまるで雑音のような複雑さで。
私の感情を動かしたのはそっちの雑音のほうである。
「重要な効用」とかいった舌の乾かぬうちから、別のことを言うが、
これって、ちょっと作者には失礼なことかもしれない。
・・・そういう余波も含めてその詩は成り立っているといっていいのだろうか。


ただ、泣く、っていうのは感情がせき止められなくてあふれ出した結果だろ、
って考えると、それが何を要因としていようと、まだこれだけの感情は残っていたんだ、
と思えて、ある程度の若さとかも感じられて、悪くはない。

わけもない切なさというのは誰にでも感じられるところだと思うけど、それは、そのこみ上げる感情を言葉でうまく言い表せないから、そしてその感情の勢いがとめられないものの表に出すことも出来なくなっているから自分のからだの内部を突き刺すのだろう。

唐突で取りとめもない文章を書いてしまった。
でも、これを書くことで、押し寄せてくる、自分の中の名づけられそうもない複雑な感情を分解して言葉にしていくことで、私は結果として泣くことはなかった。
という、この文章を裏付ける事実は得られたのだった。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-26 11:37

柔軟な対応

昨日、バイト先レストランに、聾のお客さんが見えた。
カップルで来てて、ご注文は普通に伺えたので、女性の方は聾じゃなかったのか、そうだったのかよくわからないのだが、
男性のほうは、あまり発音が明瞭ではないようで、私の声もあまり聞き取れなかったようなので多分そうなのだった。
で、注文とりながら気づいて、でもそのとき自分はボールペン持ってなくて、髪に書くことが出来なくて、うまく対応できなくて悔しかった。
もっと、いろいろなタイプの人と適切にコミュニケーションをしたい、と思った。

でも、今日は、車椅子のおばあちゃんが来てくれて、その時は椅子を撤去すればよかったから、なんとかなってよかった。と思った。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-25 00:49

☆デザイン@飽和社会の申し子☆

もうそろそろ、いやもう既にか? 日本は飽和社会といっていいと思うが、
飽和してしまったらどうすればいいのだろうかな。
もっと言えば、何のために生きるのか?
何を政策するのか?
何を新しく作るのか?
どのような状態を目指すのか?

SFCの提示する学生像に      問題発見解決型人間

というのがあるが、この単語自体にその飽和状態が如実に現れている気がしてならない。
発見しないと問題はないのか?
以前は、探さなくとも問題はごろごろ転がっていたわけで、
こんな表現は  「は?」
って感じだろう。
確かに時代の先端を行くなら、自分で問題を予見して動くくらいのことが必要なのかもしれないけど、私は、なんか無理して問題を搾り出そうとしてると感じるときもたまにある。

これからの時代は、20世紀にやってきたことのフォローという課題はあるけど、
たとえば、戦後に残された復興の継続、リサイクル、公害の改善、等等。
それとは別に考えると、何を新しくやるのか?

・・・・・・・遊び???

なのかな。
全てが整った環境があるとしたら、次にやるべきは遊びしかない気がするのだが。。。。
出来合いのもので遊ぶんじゃなく、自分で作って遊ぶとしたら、これは
芸術むしろカタカナでアート、そしてデザイン。

などになるのだろうか。
なくっても、生きてくには困らない、でも、あったらもっと楽しい。
ものづくり。 クリエイション。 

うーーーーんんん。
またもやSFっぽい世界の想像が。。。
遊びとデザインか。   もう少し考えよう。  
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-24 01:26

着信アリ

個人的には着信アリ、ってなんだっけ、映画だっけ、なんかのゲーム?
って感じですが、有名な「着信アリ」という単語。
これ、結構キャッチとして耳に残る。

私はここ数日勝手に着信アリ的な恐怖をモノにしていました。
と、言うのは、
私は幼児期から道端に落ちているものを拾う癖があって、いつかの晩、
高速道路を横断している際に、
真っ二つに分断されたケータイを拾ってしまい、
分解してみたら面白かろう、くらいの気でいたら電源が入っていたらしく。

朝、聞きなれない着メロだな、って思ってたらそのケータイが鳴ってた。
ていうか、震えてた。
バイブレーション機能で。
うっわー、って思って、拾ってしまって悪いことしたなー、って思ったが、
まぁどうせ高速でバイク乗ってたら落しちゃってって感じでどうせ轢かれてただろうから
ちょっとした災難だと云うことで勘弁。

てか、ケータイって半分になっても生きてるんだね。
勿論あの下のほうの部分だけだけど。
一番謎だったのが、電源切っても着信(アラーム?)が鳴ること。
二回くらいは切ったんだけど・・・。
邪魔だったのと、やや気味悪かったので、昨日ごみと一緒にスーパーのトラッシュカンに
投げ込んできた。
これもまた、ばちがあたりそうだ。


そういえば、もっとばちが当たりそうな真似をいつかした覚えがある。
中学生くらいのときか、私は家のそばでミイラ化した蛙を発見して家に持ち帰った。
で、それはずっと私の机の中に眠っていたが、引っ越すことになったときに
私はその蛙を、これもまた駅かスーパーかのゴミ箱に捨ててしまった。
あれは、悪いことをした。
過去に、拾った小鳥も鳩もきちんと埋葬したのに・・・・・。

今、私の手元には、標本のようになった、時間の凍結した揚羽蝶が残っている。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-24 00:38

*ちょっといい話*

先日、バイトでワゴンで片付けていたら、こんなものを見つけてしまった。
卓に設置してある紙ナプキンです。

ちょっと、すげー嬉しかった。ひそかに。
a0027184_2213276.jpg

なんていうか、こんなちょっといい話的なことがほんとにあるんだな、って。

ちなみに、次の日、初レジ+初ご案内+初売店 をやらされたら、予想通りてんぱって、ぱにくって、大変だった。
頭の回転が悪すぎて。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-20 22:11

下の続き

やっぱ、新規投稿にした。

昨日は結局レジとか教えて貰えなかった。人手不足で。
11.5時間労働をひたすらやってました。

で、そのアンケートなんですが、その質問内容でも公開してみよう。
と、思ったが、それやると考察とかかけなくなるから、
そのアンケートに答えてあげようとか、知り合いに答えさせようとかいうキトクで優しい方がいらっしゃいましたら、トラバか直接メールでお伝えください。
よろしくよろしくお願いします。

で、今のところ考えているのが、
同人系、ゴスロリ系、FTM系、メンヘル系の女子のかかわり。
この用語、どこまで分かるでしょうか??
分かる人にはわかる、でも、ちょっとしたアングラだと思います。

「同人」
つーのは、白樺とか新思潮とかじゃなく、漫画・小説・アニメ・ゲーム・芸能人etcのキャラと世界を自分なりに読み込んでパロってしまう作品群のアマチュア同人誌(雑誌)。表現としては、漫画も小説もある。俗に言う、やおい。(やまなし・おちなし・いみなし)
なお、この世界には男性同士の同性愛的社会がふんだんに繰り広げられるという特異性を持つ。プロでもこの空想的な男性同性愛的作品は年々増加しており、BL(boys love)などと呼ばれ、プロとアマの境界線があいまい。
参考:「ギャグもあるけど、それはエロまで踏み込めない人がやってるだけじゃない?」(友人談)
彼女らの心理状態を良く突いている小説として、森博嗣「堕ちていく僕たち」収録の小品。
(題名は忘れた)

「ゴスロリ」
ゴシックロリータの略。
画像とかあれば一発なんだけどなあ。。。
モノトーン基調、メイド服、ヘッドドレス(頭につける布の飾り)、レース、十字架、アリス、バラ、死、どくろ、などだろうか、キーワードとしては。。。
服的な性別としては、男女両方ありますが、男の服を着るのは実際男性より女の子のほうが多いのではないかなぁ。。。
詳しくは、検索してみてください。「ゴスロリ」だけで多分大丈夫だから。
参考:小説家 嶽本野ばら。彼の個人的生活およびファッション、小説ともに、参考になりそう。
あ、そうだ、この春公開された野ばら小説の映画「下妻物語」、これはロリとヤンキーの物語です。

「FTM」
これも検索して・・・。ほんとにありえない数ヒットするから。。。
一応言っておくと、Femmale To Maleの略で、MTFっていう逆の人たちもいる。
体は女性だけどほんと(心)は男だ、と主張する人。
つまりは性同一性障害のことで、何年か前の金八先生で鶴本直という役名で上戸彩がやっていた。
性別再適合手術(つい先ごろまで性転換手術といっていた)とかホルモン投入まで望む人もいれば(TS:トランスセクシャル)
体はこのままでも社会的に心の性別で認められればいい(TG:トランスジェンダー)
とか、いろいろバリエーションがあってなかなか複雑なんだけど、
まあ、それはおいといて、
病院で「性同一性障害」という診断書が出てる人はひとつまみで、
「自称」FTMが非常に多い。

「メンヘル」
メンタルヘルスの略。
実はこの用語は先日友人から教えて貰った。今まで、メンタル系、って自分では言ってました。
うつ病とか、その他メンタル的な病気とか、自傷とか、クスリとか、拒食とか、そういうものに関わっている少女のこと。
彼女たちは、深刻なようで、深刻じゃないようで、深刻なようで・・・。

以上、私が中学高校時代にネットサーフィンしててずっと気になってた人々です。
一見関係なさそうにみえるだろうけど、これはきっとつながってる原因があると踏んでます。
勿論、こういうキーワードに引っかかってたってことは、私自身当てはまるものがあったわけです。

中二くらいのとき、アムカ(アームをカットする。微妙にリスカと位置が違う(笑))
とムネカ(こんな言葉はないっす、微妙に首の下あたりを切った)を一度やって、その時は遊びのつもりだったけど、面白かったんだけど、実際きっと無意識の中でなにか起こってたんだと思う。なにかしらの葛藤とかね。だって、目立つところを切っておいてその後のこと考えなかったってちょっと思考回路おかしいからな。
その後も微妙に目立たない部分を切ったことはあったけど、まぁ簡単にやめられた。

そして、ずっと、自分はFTMなのか、そうじゃないのか、いややっぱり・・とか波のように繰り返してました。一人の中で。だって、自分が女性だなんて思えなかった。男に違いないと思っていた。一人称も決められなかった。一時、まったく一人称が消えて、それでも日本語喋れてることに驚いたり。
基本的に自分っていいますが。(ちなみに、この言い方だと、「私(俺)のことどう思う?」などの「私」をしっかりさす言い方が出来ないんですよ)
でも、それは、「自分が女だとは思いたくない、女になんかなりたくない」っていう強い拒絶が変形しただけだ、いうのは、まあ前からうすうす感づいてはいたんだけど、どうーしても認めたくなかったから、エポケー状態、つまり思考停止状態になっていたのだと思う。
一種の逃げなのかな。でも、自己防衛だから仕方なかったと思いたい。
自分は外観的に優れてるほうではないからその劣等感・コンプレックスとかが関係していると思う。それ理由不明の母親嫌悪も関わっていると思う。

結局、私は高校時代、少女ではなかったし、少年にもなれなかった。
一体、自分はなにをしてたんだろう。
と、見つめなおすと、これは敗北を認めたことになってしまうから自分のほんとの中枢は見つめたくなかったんだと思う。
なんでも、頭で論理的に分割して納得したい人間だからなぁ。。。

今は、女の服を着ても、バイトで女性として(まぁはたからみたら当たりまえ)やっていっても、別に不自然じゃないし、あんまり気にならなくなった。

でも、また新しい論理ができたので、私は生きていけそうだ。
自分の性別がどうだとかより、ほんとのところを分かるほうがずっと自分にとって大事だと思うんです。
真理、真実なんかは存在しないけど、自分はやっぱり真理を追究したい。
(真理は存在しない、それが真理だ、ということも出来ますが・・・)
だから、自分の虚飾に気づけたのは結果的に良かったことなのだと、考えることの訓練になったのだと、そう思えそうです。



こんな感じの実感をもとに上の大雑把に分けて4つのタイプの女子(あえて女子といいきりたい)を見ていきたいのです。
疲れたので、ここまで。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-17 12:56

Я さまーこみっくまーけっと R

昨日、14日に夏コミケに行って来た。
コミケが分からない人は・・・・・調べてください。てきとーに。
さっきいろいろ説明書いたんだけど、消しちゃったから。もうめんどくさいです。
で、とにかく、行ってみたんです。オタクのメッカに。
暑かった。そして疲れた。 会場が広すぎ、人が多すぎで、冷房なんかまったく効かず。
コスプレ、予想どおり激しかった。男も女も結構激しかった。
同人売り場もばかでかかったし、人もばか多かった。多分一日で10万くらい??
午前中はその場の雰囲気と広さに圧倒されて、結局動き出したのは14:00くらいから。
自作のアンケートを人を定めて押し付け、やってもらう。
謝礼は、ココナッツクラッカーの小さいパック。
7人しか出来なかった。残りは知り合いの知り合いにやってもらうことに。
「すみませぇ~ん、ただいま大学のほうでコミックマーケットの(コスチュームプレイヤーの人に)アンケートしてるんですが、よろしければお時間ちょーっといただけませんかぁ?」
って、すげぇ怪しいんだけど、まあ、答えてくれた人は親切かつ不用心なひとだ。

眠い・・・。非常に眠い。ので、この続きは明日は無理かも、明後日とかに書く。
ここの欄に、編集しなおして書きます・・・。嗚呼、中途半端。

とりあえず、今日は前半お新香出し+お客様の言い付けと後半お茶・水くみ+飲み物出し+飲み物片付け+お客様の言いつけ をやっていた。

雨だったし、オリンピックやってるから客少ないと思ってたんだけど・・・・・
 いつもどおり大繁盛・・・。
来るなよ、そんなに・・・・。言うけどね、いらっしゃいませぇ~♪ って。

明日はレジを教えて貰う。
一応慶応大学生なんですが、頭は悪いみたいなので、がんばらないと。
今年の夏は、すばやく動き、機転を利かすことを身に着ける夏なのかもしれない・・・。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-16 00:35

仕事

昼、レストラン。
夜、塾。
つっかれた。。。
明日は休みだ。
でもどうせ活動してるし、
明後日・明々後日、9時間労働だからな。。。

なにやってんだろ、ほんとに。
でも、こうしてみると、塾ってほんととわりいいわ。

合間に認知科学系の本をかじってみる。
なんか、なくてもいいものを無理やり作り出してる感はいなめないんだけど。。。
でも、これも一種の市場開発なんだろーな。
こういうIT系の開発分野って、すべて余興というか遊びに見えるんですが、
それが現代なのかしら。ただ、障害者にやくだったり介護に役立ったりするみたいだけど。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-14 01:05

グッゲンハイム美術展

昨日行ってきました。
グッゲンハイム。
ニューヨークにあるヨーロッパ&アメリカ現代美術をコレクトしてる美術館で、
日本で開催するのは3回目らしい。

監視員(?)のお姉さんが毛布を体に巻きまくっていてもはや制服を着ている意味もなくなっている、涼しい展示室だった。
テーマソングは浜崎あゆみ。ま、いっか。

ヴァシリー・カディンスキーという人のインスピレーション的ラインが良かった。
個人的に、中原中也の「サーカス:ゆあーんゆよーんゆやゆよん(だっけ?)」のイメージ。
ピート・モンドリアンという人の「夏、ゼーラントの砂丘」というのも明るい中にどこかメランコリックな色彩を感じて、良かった。
ダリにむちゃくちゃインスパイアされてるイヴ・タンギーという人も、彼は彼なりに良かった。
ダリより清潔感があって、軽さがあって、未来的。
クレーもやっぱりいいと思った。記号にあふれたイメージがくすぐったい。

個人的には高校の友達と久しぶりに会えてなかなか楽しい日だった。
わりと温室的な高校だったので、大学デビューがどうのこうのってみんな言ってるみたい。
大学はいった途端変わりまくる、ってのもちょっと恥ずかしい気もするけど。

ほんとはファッキンじゃなくてせめてフレッシュネスのレベルでランチをしたかったかも。
やっぱ、値段につく付加価値ってエクスペリエンスとして受け入れたい。認めるよ。
(エクスペリエンス→環境情報学部過去問参照。簡単に言うと雰囲気で値段を上げること。)
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-13 09:17

seka=chu

読んでしまった。

         片山恭一  世界の中心で愛を叫ぶ

これ、ほんとは立ち読みでやっつけようとか思ってたんだが、妹が買ってきちゃったので
やっぱりまともに読みました。

なんでこの作品がばか売れなのか?
メディアチェンジしまくってもまだ売れ続けるのか?
という疑問は、先日の友人の言葉で解けました。

当たり前のことだけど・・・
いわく、作品を書くとき、ミステリを書こう!というより、10代後半~20代の若者とくに少年を狙おう、などの狙う対象を定めたほうが良いと云う。
なるほど・・・・。
で、SFCの最後の「~のための入門」も、あれは対象を設定する練習でもあったらしい。
かってに趣味に突っ走るんじゃなくね。

それましたが、せかちゅーでは、その狙い撃ちできる人間の層が莫大である。
市場が莫大である、ということみたい。
なぜなら、まず文体が平易なのでだれでもさらさら読める。
2時間あれば読めてしまう。
次に、この小説のテーマが「想い人を失う」なのだが、この経験はきっと誰にでもあると思われるのだ。
別に相手が死んでしまわなくても、片思いだったり、失恋したり、別れたり(同じ?)、というのは結構あることで、このテーマはそのポイントを突いてくるのだろう。
私は物語に感動する、というよりそれを自然に自分に当てはめて考えてしまうタイプなのでそう思うんですが・・・・・でも、とにかくそういうわけで、自然にみんな朔太郎に感情移入できるんだと思う。あ、アキにもする人はいるのかな?

もう一つのテーマで、「想い人と一緒になるならない」というのがあるのですが、
やっぱり、個人的には人は一人だと思う。
いくら友達と一緒にいても、意気投合しても、共感しても、なにをしたって
孤独な部分はなくならないと思う。
これがなくなってしまっても大変だが、しかし、どうやっても一人であるという考えにとらわれたとき、結構悲しかった。
[PR]
by girty_haraguchi | 2004-08-12 01:06


□忘却予防□
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31